トップ > 矯正治療例・体験談 > 矯正治療例

矯正治療例

上下顎前突

上下顎前突とは、上と下の歯が前方へ突出してしまう状態を指す不正咬合です。日本人には比較的多く見られる症状と言われています。前歯が突出しているため、口が閉じにくく、唇を閉じるときに力が入ってオトガイにシワが寄ってしまいます。

II期治療で上下顎前突を治療したケース

矯正治療前
上下顎前突 治療前

矯正治療後
上下顎前突 治療後

上下顎前突 治療前

上下顎前突 治療後

上下左右の第一小臼歯を抜歯し、上下の前歯を後ろに下げたことにより、口元もすっきりとした印象になりました。 自然に口が閉じられるようになり、口元の突出感も改善されました。

上下顎前突の治療について

患者情報
10代 男性
治療期間
2年8ヶ月(月1程度来院)
費用(税別)
約890,000円
※矯正装置代680,000円(検査診断料50,000円 / 調整料5,000円)
副作用・リスク
歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
 
矯正治療は基本的に保険適用外となります。外科手術を伴う顎変形症や厚生労働大臣が定める先天性疾患に起因する咬合異常の場合は保険適用となります。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、奥歯を咬み合わせたときに上の歯が下の歯よりも前方に出てしまう状態を指す不正咬合です。

上顎前突(出っ歯)の原因は遺伝的な骨格と歯の大きさのバランスが原因となることが主です。 その他指しゃぶりやおしゃぶり、舌癖などの日々の生活習慣が原因となることもあります。口元をリラックスさせても口が閉じにくい、前歯で物をかみにくいなどの症状を伴うことがあります。

II期治療で上顎前突を治療したケース

矯正治療前
上顎前突(出っ歯) 治療前

矯正治療後
上顎前突(出っ歯) 治療後

上顎前突(出っ歯) 治療前

上顎前突(出っ歯) 治療後

前歯が出ていて唇が閉じにくいことがお悩みでした。 上下左右の第一小臼歯を抜歯し、前歯の突出感もなくなり楽に口を閉じられるようになりました。

上顎前突の治療について

患者情報
10代 男性
治療期間
2年6ヶ月(月1程度来院)
費用(税別)
約880,000円
※矯正装置代680,000円(検査診断料50,000円 / 調整料5,000円)
副作用・リスク
歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
 
矯正治療は基本的に保険適用外となります。外科手術を伴う顎変形症や厚生労働大臣が定める先天性疾患に起因する咬合異常の場合は保険適用となります。

反対咬合・下顎前突(受け口) 

下顎前突とは、下の歯が上の歯より前に出ているかみ合わせの状態で、反対咬合(はんたいこうごう)、受け口ともいいます。滑舌が悪くなることが多く、特にサ行、タ行、ラ行が発音しくいなどの症状があります。また上下の前歯があっていないため、前歯で物を噛むことがむずかしい場合もあります。原因は遺伝による骨格などが大きく関係しています。

I 期治療だけで治療が終了したケース

矯正治療前
I 期治療だけの治療 治療前

矯正治療後
I 期治療だけの治療 治療後

永久歯萌出
I 期治療だけの治療 永久歯萌出

前歯のかみ合わせが反対なのを気にされて来院されました。

永久歯が生えそろう前に、I 期治療として、前歯の反対咬合(下顎前突)の治療をおこないました。その後、永久歯が生えそろっても反対咬合が再発することはなく、永久歯がきれいに生えてきましたので、II 期治療(永久歯列の矯正治療)は必要なく、I 期治療のみで矯正治療を終えることができました。

反対咬合・下顎前突 I期治療について

患者情報
7歳 男性
治療期間
6ヶ月(月1程度来院)
費用(税別)
約280,000円
※矯正装置代200,000円(検査診断料50,000円 / 調整料5,000円)
副作用・リスク
歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
 
矯正治療は基本的に保険適用外となります。外科手術を伴う顎変形症や厚生労働大臣が定める先天性疾患に起因する咬合異常の場合は保険適用となります。

II 期治療を反対咬合を治療したケース

矯正治療前
II 期治療を非抜歯でおこなったケース 治療前

矯正治療後
II 期治療を非抜歯でおこなったケース 治療後

II 期治療を非抜歯でおこなったケース 治療前

II 期治療を非抜歯でおこなったケース 治療後

主訴はかみ合わせが反対であること、下あごや下唇がでていることを気にして来院されました。治療期間は2年3ヵ月。上下左右の第一小臼歯を抜歯し治療を行い、かみ合わせはよくなり、下あごや下唇も後退し横顔もきれいになりました。

反対咬合・下顎前突 II期治療について

患者情報
10代 男性
治療期間
2年3ヶ月(月1程度来院)
費用(税別)
約865,000円
※矯正装置代680,000円(検査診断料50,000円 / 調整料5,000円)
副作用・リスク
歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
 
矯正治療は基本的に保険適用外となります。外科手術を伴う顎変形症や厚生労働大臣が定める先天性疾患に起因する咬合異常の場合は保険適用となります。

外科矯正を併用して治療したケース

顎変形症(がくへんけいしょう)とは、あごの大きさや形などの異常のために顔面の変形を起こし、咬み合わせに問題が生じている状態を言います 骨格的なズレの大きい顎変形症患者(上顎前突症、下顎前突症、開咬症、顎骨非対称症例)において、あご切りの外科手術を併用して、機能的ならびに審美的障害を改善する治療を行います。歯の矯正治療だけで行うより、劇的な変化を伴うことが多く、外科矯正が必要と判断された場合、手術、治療すべて保険が適応されます。すべての矯正歯科医院で保険が適応されるわけではなく、大学病院などと同等の設備がある、指定された医療機関のみです。

矯正治療前
外科矯正の併用 治療前

矯正治療後
外科矯正の併用 治療後

外科矯正の併用 治療前

外科矯正の併用 治療後

上あごに対し、下あごが大きく突出している骨格性の下顎前突の患者様です。上下左右の第一小臼歯を抜歯し、術前矯正に1年半程度、手術後の咬み合わせ調整の術後矯正に6ヶ月程度の期間を要しました。手術を併用した矯正治療をおこない、治療後は、前歯のかみ合わせも正常になり、お顔の印象も大きくかわりました。

外科矯正の治療について

患者情報
20代 女性
治療期間
2年7ヶ月(月1程度来院) / 入院 11日
費用(税別)
保険適用3割負担の場合 約20〜29万円(税別)
※外科手術費(保険)は別途(高額医療費制度適用)
副作用・リスク
歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
 
矯正治療は基本的に保険適用外となります。外科手術を伴う顎変形症や厚生労働大臣が定める先天性疾患に起因する咬合異常の場合は保険適用となります。

叢生(八重歯/歯のでこぼこ)

叢生の原因は、歯とあごの大きさが合っていないことにあります。あごに対して歯のサイズが大きい、または歯に対してあごが小さいことから、歯がきれいに並ぶだけの充分なスペースが得られないために起こる症状です。ごく軽度であればあごを広げることで対応できる場合もありますが、あごを広げることには限界があります。歯をきれいに並べ、横顔も突出なくきれいに仕上げるためには、抜歯が必要になります。

矯正治療前
叢生(八重歯) 治療前

矯正治療後
叢生(八重歯) 治療後

叢生(八重歯) 治療前

叢生(八重歯) 治療後

でこぼこの程度が強いため、上下左右の第一小臼歯を抜歯しました。抜歯をせずに歯を並べると口元が突出して美しい横顔が得られないこと、また無理に歯を並べることで後戻りのリスクが高くなることから、抜歯を選択しました。歯のデコボコがなおり、きれいな歯並びになりました。矯正治療後、上下の前歯が後ろにさがり、口元もすっきりした印象になりました。

叢生の治療について

患者情報
10代 女性
治療期間
2年3ヶ月(月1程度来院)
費用(税別)
約865,000円
※矯正装置代680,000円(検査診断料50,000円 / 調整料5,000円)
副作用・リスク
歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
 
矯正治療は基本的に保険適用外となります。外科手術を伴う顎変形症や厚生労働大臣が定める先天性疾患に起因する咬合異常の場合は保険適用となります。

開咬

奥歯でかんだときに前歯や横の歯がかみ合わない状態で、オープンバイトとも呼ばれます。前歯で物がかみ切れない、タ行やサ行が発音しにくいなどの症状があります。また通常は全体に分散されるかんだ時の力が、開咬合の場合は奥歯だけでかむことになるため、奥歯の歯への負担、あごへの負担が大きくなります。

矯正治療前
開咬 治療前

矯正治療後
開咬 治療後

前歯が咬んでいないことでした。 上下左右の第一小臼歯を抜歯し、治療期間は1年8か月で、ゴムの協力が良かったため、治療期間が短縮できたと思われます。 矯正治療後、きれいにならび、前歯もきちんとかみ合うようになり、矯正装置除去後も安定した咬合を維持しています。

開咬の治療について

患者情報
20代 女性
治療期間
1年8ヶ月(月1程度来院)
費用(税別)
約830,000円
※矯正装置代680,000円(検査診断料50,000円 / 調整料5,000円)
副作用・リスク
歯を動かす際に歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。
矯正治療中は歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
 
矯正治療は基本的に保険適用外となります。外科手術を伴う顎変形症や厚生労働大臣が定める先天性疾患に起因する咬合異常の場合は保険適用となります。

▲ ページトップへ戻る

治療例

水戸歯科クリニック矯正歯科センター

茨城県水戸市大工町3-3-26
歯列矯正を専門に行う歯科医院
09:30〜13:00
14:30〜19:30
(月・火・土は18:30まで)
休診日 水・日・祝

地図 水戸歯科クリニック矯正歯科センターQRコード

携帯用WEBサイト
QRコード対応の携帯電話を読み取ってください。