トップ > 治療について > 矯正をはじめる時期について

矯正をはじめる時期について

子供の矯正治療、いつはじめればいいの?

お子様の矯正治療で相談が一番多いのは、「矯正治療をはじめる時期」についてです。

矯正歯科医のなかには、矯正治療を早くはじめれば「治療が簡単に終わる」「あごを大きくできる」「歯を抜かないでも治療ができる」といった考えの先生もいますが、矯正治療は、ただ早くはじめればいいという単純なものではありません。

子供の歯の成長と矯正治療

歯の成長段階 乳歯列期 混合歯列期 永久歯列期
子供の歯(乳歯)の時期 乳歯から永久歯への生え変わりの時期 大人の歯がそろった時期
矯正治療   I 期治療 II 期治療

I 期治療は「限局矯正」「予防矯正」「早期治療」「育成矯正」「小児矯正」と呼ぶ場合もあります。

矯正治療のゴールとは?

矯正治療の最終目的(ゴール)は、お子様が、大人になったときに、きちんとしたかみ合わせで、永久歯がきれいに並び・バランスのとれた美しい口元になることです。

どのような矯正テクニックで、どんなに早く矯正治療をはじめたとしても、矯正治療が完了するのは、永久歯が生えそろった時点です。 I 期治療(生え変わりの時期の矯正治療)は、そのゴールに向かっての、過程のひとつとお考えください。

永久歯での治療を少しでも容易にするため、 I 期治療で効果的な治療が必要であれば、できるだけ短期間でおこなうこともあります。また、I 期治療が必要ないと診断された場合には、定期的な診察を続けながらお子様の永久歯が生えそろうのを観察します。

生え変わりの時期に矯正治療が必要と思われるケース

  1. 上下のあごの位置関係に問題があると考えられる場合
  2. 今後の発育に悪影響を及ぼす恐れがある場合
  3. むし歯・歯周病・歯の外傷の原因になりそうな場合
  4. 呼吸・咀嚼・発音・嚥下などに問題を生じている場合
  5. I 期治療をおこなうことで永久歯の矯正治療( II 期治療)の内容が軽減されたり治療の質を高めることができそうな場合
  6. I 期治療をおこなうことで、永久歯の矯正治療を短期間で終えることができそうな場合
  7. I 期治療をおこなうとことで、永久歯の矯正治療( II 期治療)が必要なくなる場合

早い時期に矯正治療をはじめなくていいの?

I 期治療(早期治療)を早めにおこなえば、矯正歯科治療が早く終わるというものではありません。
I 期治療はある意味では大切な治療ですが、状況によっては意味のない治療になる可能性もありますので、適切な診断が必要です。

永久歯に生え変わる時期の矯正治療は、お顔・上顎・下顎の成長発育が大きく影響してきます。お子様の身長・足や手の大きさなどで大人になった時の大きさを平均的に予測できたとしても、正確に予測することは、現代の科学をもってしても困難なことです。

あごや歯のmm単位の違いで、かみ合わせはズレてしまいますので、精密検査により将来の成長を見定めながら、お子様が直面しているかみ合わせ、歯並びの問題について、治療すべき事柄は適切な時期に治療をおこないます。しかし、永久歯が生えそろってからの治療をで、スムーズに矯正治療することができるのであれば、生え変わりの時期に多少の歯並びの乱れがあったとしても、永久歯が生えそろってからの治療で十分間に合うと考えます。

何より、目標をしっかり見定めて「いつ・なにを・なぜ・どのように」という視点で、治療をおこなうことが大切です。

子供の矯正

▲ ページトップへ戻る

水戸歯科クリニック矯正歯科センター

茨城県水戸市大工町3-3-26
歯列矯正・歯科矯正専門医院
AM 09:30〜13:00
PM 14:30〜19:30
(月・火・土は18:30まで)
休診日 水・日・祝

地図 水戸歯科クリニック矯正歯科センターQRコード

携帯用WEBサイト
QRコード対応の携帯電話を読み取ってください。