トップ > 治療について > 大人の矯正

大人の矯正

大人の方も歯並びをなおせます

「育ちざかりの子供に比べて、大人は骨が硬いので歯が動かないのでは?」という間違った先入観を抱いている方がいらっしゃいます。矯正治療というと子どもの時にするもの、今さら矯正治療はできないとあきらめていらっしゃる方も多いのはないでしょうか?

歯肉・歯根膜・歯槽骨

矯正治療はあごの骨の中で歯を移動させて治療をおこないます。

歯と骨は歯根膜という繊維で結ばれており、この歯根膜にワイヤーやゴムなどの力を作用させることで歯は移動します。つまり、健康な骨と歯と歯根膜が存在すれば何歳になっても矯正治療は可能ということになります。

大人の方の歯科疾患の多くは歯周病が占めていますので、歯並びやかみ合わせをきちんとすることで予防や進行を止めることも期待できます。いつも気になっていた歯並びやかみ合わせ、口元を美しく整えることは、すばらしいことだと思います。大人の方も、ぜひ矯正治療についてご相談ください。

「歯を削って歯並びを整える治療」や「裏側からの矯正歯科治療」は…?

「矯正治療に時間がかかる」「装置が目立つ」「今さら矯正治療をする勇気がない」などと、歯を削ってかぶせたり、さし歯にして、きれいにそろえたりする治療や、裏側に矯正装置をつける裏側矯正(舌側矯正)を選択される患者様がいらっしゃいますが、それぞれ利点も欠点もあります。

 

メリット デメリット
歯を削って歯並びを整える治療
(ラミネートベニア・セラミッククラウンなど)
治療期間が短い
矯正装置をつけないで済む

 

健康な歯を削る→
一度削った歯はもとの健康な歯には戻りません。
裏側からの矯正歯科治療
(舌側矯正・裏側矯正)
矯正装置が目立たない 治療に限界がある→
一本一本の歯を精密に移動させるには表側からの矯正が一番です。

※表からの装置でも、目立ちにくい色のブラケットを使用することが可能です。

大人の矯正治療にかかる期間

矯正治療は、およそ2年〜2年半程度かかります。治療期間中は、月1回程度通院していただきます。

矯正装置をはずしてから、保定装置(リテーナー)を矯正治療にかかったのとほぼ同じ期間つけていただき、きれいになった歯並びが元にもどらないようにします。保定期間は、3〜6ヵ月に1回の通院をお願いします。

矯正治療で口元まで美しく

水戸歯科クリニック矯正歯科センターではスタンダードエッジワイズ法(オーダーメイドの治療)により、歯並びと、調和のとれた美しい口元に配慮した、矯正治療をおこなっています。

口元は顔全体の調和にとって非常に重要な要素を占めています。治療後は、きれいな歯並びと、すっきりした口元で横顔の印象も大きく変わります。お悩みの方は、一度ご相談にお越しください。

▲ ページトップへ戻る

水戸歯科クリニック矯正歯科センター

茨城県水戸市大工町3-3-26
歯列矯正・歯科矯正専門医院
AM 09:30〜13:00
PM 14:30〜19:30
(月・火・土は18:30まで)
休診日 水・日・祝

地図 水戸歯科クリニック矯正歯科センターQRコード

携帯用WEBサイト
QRコード対応の携帯電話を読み取ってください。