トップ > 医院の特徴 > むし歯予防に配慮した矯正治療

むし歯予防に配慮した矯正治療

むし歯と矯正治療

矯正治療後は、歯並びがきちんと並ぶことにより、歯ブラシが届かなかった箇所も清潔に保つことができますので、むし歯になりにくくなることが期待できます。

一方で、矯正治療中はお口の中に矯正装置が入ることで、歯磨きがしづらくなり、むし歯予防が大切です。

むし歯のできるしくみ

むし歯のできるしくみ

最近の研究により、むし歯はある特定の細菌によって引き起こされることがわかってきました。

お口の中に常在する細菌(特にストレプトコッカス・ミュータンス菌など)が、飲食した食べ物に含まれる糖分を栄養源としてプラーク(歯垢)をつくり、その中でさらに酸をつくります。その酸が歯を脱灰した状態がむし歯です。

むし歯にならないための抵抗力として、だ液や歯の質などがありますが、人によって程度に差はあります。だ液には抗菌作用などがあり、むし歯予防にはだ液の性質や量も大切なポイントです。

水戸歯科クリニック矯正歯科センターのむし歯予防対策

だ液検査

だ液検査

水戸歯科クリニック矯正歯科センターでは、矯正治療中に新たなむし歯ができるのを予防したいため、必要な場合には、矯正治療を開始する前にだ液検査をおこないます。

歯を守る力には個人差があるので、お口の中のむし歯菌の数や、だ液の量や性質を検査し、むし歯のなりやすさ(カリエスリスク)を調べ、お一人おひとりにあわせたむし歯予防法を考えて、患者様といっしょにむし歯にならない矯正治療をめざしています。

歯磨き指導

歯磨き指導

矯正装置が入ってからは、通院いただくたびに、毎回、歯磨き指導をおこないます。必要な場合は、染め出して、うまく磨けていない箇所を確認します。

PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、専用の機械を用いて歯科のプロがおこなうお口の中のクリーニングのことです。矯正治療中は、矯正器具が入っているので、プラークを完全に取り除くことが難しくなります。当センターでは、歯科衛生士が、専用の機械を使ってプラークや歯石を取り除いて、むし歯予防につとめています。

フッ素

フッ素(フッ化物)は、歯を強くして、初期虫歯の状態の歯の表面を修復(再石灰化)する効能があります。当センターでは、治療の際に歯科医院用のフッ素塗布やフッ素洗口をおこなうことで、むし歯になりにくくしています。

▲ ページトップへ戻る

水戸歯科クリニック矯正歯科センター

茨城県水戸市大工町3-3-26
歯列矯正・歯科矯正専門医院
AM 09:30〜13:00
PM 14:30〜19:30
(月・火・土は18:30まで)
休診日 水・日・祝

地図 水戸歯科クリニック矯正歯科センターQRコード

携帯用WEBサイト
QRコード対応の携帯電話を読み取ってください。